OnePlus、OPPOとの「統合進める」--ブランドは独立した運営を継続

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2021年06月21日 07時35分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国のスマートフォンメーカーOnePlusが、OPPOとの統合を進める方針を明らかにした。モバイルOS「OxygenOS」は維持される。両社は歩歩高(BBK Electronics)傘下の姉妹ブランドだ。

 OnePlusの最高経営責任者(CEO)Pete Lau氏は、同社の組織とOPPOの「統合を進める」が、OnePlusのブランドは今後も独立して運営すると明らかにした。また、「OxygenOSは、中国市場以外のグローバルなOnePlusデバイス向けのOSであり続ける」としている。

 Lau氏は次のように説明している。

 私は2020年に、OnePlusとOPPOの両方の製品戦略を指揮する役割を新たに担うことになった。それ以来、われわれの多くのチームをOPPOと統合し、事業を効率化させ、さらなる共有リソースの活用を図ってきた。そうした変更からプラスの影響が見られたことを受け、われわれの組織とOPPOの統合を進めることを決断した。

 この統合が具体的に何を意味するかは明確にされていないが、OnePlusは独立して運営され、ユーザーへのコミットメントは今後も変わらないという。

 OnePlusは、米国や英国の通信事業者の間で人気を集めているが、シェアは依然として小さい。

 BBK Electronicsは、OPPO、vivo、OnePlus、Realmeを傘下に有している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]