LINE、ビデオ通話でもスタンプが利用可能に

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは6月17日、同社の無料通信アプリ「LINE」に、ビデオ通話中にスタンプで表現できる機能を実装したと発表した。iOS/Android版のバージョン「11.9.0」以降で利用可能。

複数人でのビデオ通話でも、他の人の会話をさえぎらずにリアクションできる
複数人でのビデオ通話でも、他の人の会話をさえぎらずにリアクションできる

 トークやタイムラインなどの多くの機能で活用されてきたスタンプがビデオ通話でも利用可能になったもの。1対1のビデオ通話のみならず、グループやLINEミーティングでも利用可能で、特に複数人での会話のさいに、会話をさえぎらずにリアクションできるメリットがある。

 すでに実装済みの機能として、フィルタや顔エフェクトなどの画面効果のほか、YouTubeの動画を画面上に共有し再生する機能や、自分のスマホの画面を共有する機能などもある。こちらは2020年12月リリースのバージョン「10.21.0」から対応している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]