Facebook、「Oculus」デバイスでVR広告の試験導入を開始

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2021年06月17日 11時46分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仮想現実(VR)はこれまで、おおむね広告のないエクスペリエンスだった。だが、まもなく変化が訪れるかもしれない。Facebookは、VRのアプリやゲームへの広告配信を計画しており、いくつかの実験的な導入を始めようとしている。どこまで拡大されるかは、現時点で明らかにされていない。

Facebook
提供:Facebook

 5月には、「Oculus」のモバイルアプリで広告のテストを開始するとしていた。開発者が自らのVRアプリケーションを披露する新たな手段を提供するためだという。Facebookによると、今回明らかにしたのは、このテストの次の段階だ。現時点で、ごく一部のVRゲームとアプリに広告が表示される。

 Facebookが公開した最初の例によると、広告はVRエクスペリエンスに組み込まれるようだ。まずResolution Gamesの「Blaston」などで広告が表示されるようになる。

 FacebookはVRで広告を出稿することについて、アプリやゲーム、そしてFacebookに新たな形で収益源をもたらす方法の1つと位置づけているようだ。また、FacebookのVRハードウェアが比較的低価格に設定されていることを補っていく手段の1つという側面もあるかもしれない。

 Facebookは、「現時点では、少数のアプリでのテストとなる。このテストがどのようになるかを確認し、開発者やコミュニティーからのフィードバックを取り入れて、広告をOculus Platform全体、そしてOculusのモバイルアプリでより広範に提供する可能性のある時期について詳細を明らかにする。Oculusでの広告に関心を寄せる企業や開発者への案内も提供する」と説明している。

 また、広告への移行は、Facebook Reality Labsが見据える、拡張現実(AR)コンテンツやARメガネを用いた未来の体験に向けた一歩でもあるかもしれない。これは現実世界のオーバーレイとEコマースに一層フォーカスしたエコシステムとなる可能性が高い。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]