コインチェックとCyberZ、NFT事業で協業--エンタメ分野でのNFT活用を推進

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コインチェックとサイバーエージェント子会社のCyberZは6月15日、NFT事業において協業を開始すると発表した。今後両社では、エンターテインメント領域におけるNFTの活用を推進していくという。

 同社は、2021年3月にNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」の提供を開始。NFTの取引において課題とされてきたネットワーク手数料(Gas代)の高騰や、複数のサービスを介した難しい取引などの解決を目指したマーケットプレイスという。暗号資産取引サービスと一体化したNFTマーケットプレイスは国内唯一としており、サービス開始から2カ月で2.5万人以上が利用しているという。

 CyberZと協業することで、タレント・アーティスト・アニメ・ゲームなど、エンターテインメント分野の事業者のNFT活用を共に推進。事業者収益機会の多様化や新たな顧客体験の創出を支援。多くのエンターテインメント事業者に対し、Coincheck NFTとの連携を推進し、NFTビジネスを創出する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]