Beats by Dr. Dre、ノイキャン対応の完全ワイヤレス「Beats Studio Buds」

加納恵 (編集部)2021年06月15日 12時03分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Beats by Dr. Dreは6月15日、完全ワイヤレスイヤホン「Beats Studio Buds」を発表した。アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードに加え、デバイスとワンタッチでペアリングできる機能を初搭載する。発売予定は夏。Apple Online Storeでの税込価格は1万7800円になる。

「Beats Studio Buds」。ホワイト、Beatsレッド、ブラックの3色を用意
「Beats Studio Buds」。ホワイト、Beatsレッド、ブラックの3色を用意
イヤーバッド1個につき5gという軽量設計
イヤーバッド1個につき5gという軽量設計

 Beats Studio Budsは、イヤーバッド1個につき5gという軽量設計。人間工学に基づいて角度をつけた音響ノズルには、レーザー加工による微小なベントが設けられており、鼓膜への圧力を軽減する。

 2枚の振動板を採用した独自の8.2mmドライバを搭載し、バランスのとれたサウンドを再現。デュアルチャンバーの音響構造により、ひとつひとつの音をクリアに聴きとれるとしている。

 アクティブノイズキャンセリングを備えたほか、「b」ボタンの長押しで、、外部音取り込みモードへの切り替えも可能。外向きのマイクから取り込まれた周囲の音と一緒に音楽を聴ける。

 イヤーバッドは最大8時間の再生ができ、2回分の充電ができるポケットサイズのケースを付属。Fast Fuel機能により5分の急速充電で最大1時間の再生に対応する。

 カラーはブラック、ホワイト、Beatsレッドの3つを用意。iPhoneデバイスの「探す」、Androidデバイスの「端末を探す」の両方に対応し、イヤーバッドを紛失しても、Bluetoothと接続していれば最後にイヤーバッドを確認した場所をもとにすばやく見つけられるほか、近くにある時はサウンドを再生する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]