「FaceTime」で使うのが待ち遠しい6つの新機能

Andrew Hoyle (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年06月16日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの動画チャットサービス「FaceTime」は2010年からあるが、世界的な新型コロナウイルスのパンデミックで、動画チャットは仕事でもプライベートでもその重要性が増している。

FaceTime
提供:Apple

 Zoomに一人勝ちさせたくないAppleは、開発者会議「WWDC21」でFaceTimeの複数のアップデートを発表した。その幾つかは、Zoomに既にあるような機能だが、例えば「SharePlay」のような機能はまったく新しく、友人とバーチャルで集う素晴らしい方法を提供してくれそうだ。

 FaceTimeの新機能を紹介しよう。

招待リンクの生成

 FaceTimeアプリで他のFaceTimeユーザーを呼び出す通常の方法は電話をかけるのに似ているが、友達や家族、同僚に送る招待リンクを生成できるようになる。これにより、ミーティングを始める時点で相手を呼び出すのではなく、カレンダーでリンクを共有することでミーティングをスケジューリングできるようになる。

「Android」「Windows」からもFaceTime参加が可能に

 FaceTimeはこれまで「iPhone」「iPad」「Mac」でしか利用できなかったが、招待リンクを使うことで、AndroidまたはWindowsのユーザーも動画チャットに参加できるようになる。招待リンクを受け取った相手は、どんなデバイスを使っていてもブラウザーから動画チャットに参加できる。しかも、Appleはウェブ上のチャットもエンドツーエンドで暗号化されていると説明した。

FaceTime
提供:Screenshot/Apple

音質の向上

 FaceTimeアプリで使えるようになる新しい「声を分離」機能は、周囲の騒音を遮断するというものだ。Appleは、FaceTime中のユーザーの後ろでうるさい落ち葉掃除機を使っているデモで、「声を分離」機能を有効にすると、ユーザーの声だけが聞こえるようになることを示した。実際にどの程度機能するのかはまだ分からないが、このデモは確かに印象的で、騒がしい場所での通話に適しているように思われた。「声を分離」と反対に、周囲のすべての音も届けたい場合は「ワイドスペクトラムオーディオ」を選択する。

FaceTime
提供:Screenshot/Apple

 また、動画チャットの相手が同じ部屋にいるように感じられるよう、「空間オーディオ」をFaceTimeでも採用した。グループで会話する場合、相手の声がその相手がディスプレイに表示されている方角から聞こえる。

「ポートレートモード」で背景ぼかしが可能に

 「A12 Bionic」以上を搭載するiPhoneと「iPad」、および「M1」を搭載する「Mac」では、深度センサー付きカメラを使ってFaceTimeでも背景ぼかしが可能になる。Zoomにも同じ機能があるが、そちらはソフトウェアベースなので、Apple版ぼかしの方がきれいに話者を切り取れる可能性がある。

「SharePlay」

 「SharePlay」は、FaceTimeを介して友人や家族と完全に同期しつつ映画を見たり、音楽を聴いたりする機能だ。例えば、映画の「シュレック」を友達と一緒に見たいとしよう。SharePlayを使うと、自分と友達のデバイス(iPad、iPhone、Mac、Apple TV)で同時に映画が始まり、同じ部屋で一緒に鑑賞しているような体験ができる。見ているものが何であれ、鑑賞中の誰もが一時停止や巻き戻しをできる。また、FaceTime中のiPhoneやiPadからApple TVにAirPlayでストリーミングすることで、テレビの大画面で映画を見ながら手元のデバイスでFaceTimeを続けることもできる。

FaceTime
提供:Screenshot/Apple

 SharePlayは「Apple TV」と「Apple Music」だけでなく、立ち上げ段階で「Hulu」「HBO Max」「TikTok」「Disney+」「Paramount+」などにも対応する。

グループチャットでの「グリッド表示」

 友達や家族がほうぼうに離れて暮らしている場合、グループFaceTimeはとても重要な機能だ。新機能「グリッド表示」は、チャットに参加している全員をディスプレイ上にグリッド状に配置し、誰が参加しているか、誰が話しているかを分かりやすくする。Zoomの「ギャラリービュー」に非常によく似ており、家族のグループ通話や仕事のチームミーティングをFaceTimeで行いたい人にとって歓迎すべき追加機能になるだろう。

FaceTime
提供:Screenshot/Apple

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]