新型MacBook ProからAirPodsまで--アップルがWWDC21で発表しなかったデバイス群 - (page 2)

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2021年06月11日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

より手頃な価格のAppleブランドのディスプレイ

 Appleは2019年にPro Display XDRを発表したが、この高価なモニターは単体で4999ドル(日本では税込58万2780円~)もする。しかも、その価格に、オプションの999ドル(同11万7480円)のスタンドは含まれない。より手頃な価格のディスプレイが開発中であるといううわさはいくつかあり、Bloombergも通常の消費者を対象とする、より低価格のApple製モニターが「開発の初期段階」にあると2021年1月に報じている。

 しかし、本記事で紹介したほかのデバイスと同様、新しいディスプレイも2021年のWWDCでは発表されなかった。

Pro Display XDR
Pro Display XDR
提供:Sarah Tew/CNET

「AirPods 3」

 WWDCでの発表が有力視されていたもう1つのデバイスが、新しい「AirPods」だ。「AirPods Pro」と同様のデザインが採用されるとのうわさが流れたほか、新しいAirPodsは空間オーディオをサポートするのではないかという憶測もあった。

52audioが2月に公開した、第3世代AirPodsとされる画像
52audioが2月に公開した、第3世代AirPodsとされる画像
提供:52audio

 Appleは、かなりの時間を費やして、「iOS 15」の新しいオーディオ機能を大々的に宣伝し、「FaceTime」に空間オーディオを追加することなどを明かした。だが、新しいイヤホンの発表に時間を使うことはなかった。

新しい「Beats」イヤホン

 イヤホンに関しては、ほかにもニュースがあった。先頃、米プロバスケットボールNBAのスーパースターであるLeBron James選手がプレーオフの試合前に、未発表の新しいBeatsイヤホンと思われるデバイスを装着しているところを目撃された。さらに、James選手はInstagramで何枚か写真をシェアしている。WWDCでの発表は予想されていなかったが、先述したオーディオへの取り組み、さらに、Appleが健康とフィットネスに注力していることを考えれば、もし発表されていたとしても、驚きではなかっただろう。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]