LINE、アルバム内の画像データを2024年前半までに国内移転へ--説明不足を謝罪

山川晶之 (編集部)2021年06月02日 18時55分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは6月2日、画像や動画データの扱いに関し、トーク内の画像を永続的に保管する「アルバム」や、ストレージサービス「Keep」のデータについて、国内拠点への移転時期を発表した。

 アルバム内の画像データについては、新規データの国内保管を2022年前半に開始し、2024年前半までに既存データを含む国内移転を完了予定。また、Keep内の画像、動画、ファイルデータは、新規データの国内保管を2021年8月に開始し、2022年前半までに全データの国内移転を完了させるとしている。

 これは、モニタリング業務を委託していた中国拠点の社員が、ユーザーの個人情報やトーク・写真(モニタリング業務の一環としてユーザーから通報があったもの)を閲覧できる状態にあったとする一連の問題に関するもので、LINEのトークルームとLINE公式アカウント、LINE Payデータのほか、韓国のデータセンターに保管されているトーク内の画像、動画、ファイルデータの国内移転を2021年6月までに完了すると3月23日に発表していた。

 一方で、韓国のデータセンターに保管されているデータのうち、アルバムの画像データやKeep内のファイルは永続的に保存されることから、より多くのストレージ容量が必要のため、画像、動画、ファイルデータとは分けて移転スケジュールを設定。同社広報部によると、3月23日の発表時点でアルバムやKeepなどのデータ移転は検討していたとのことだが、両機能ともトークとは別の機能であり、トークで送受信されるデータの対象に加えておらず、結果、対外発表していなかったという。

 しかし、親会社のZホールディングスが設置した「グローバルなデータガバナンスに関する特別委員会」から5月19日に、「ユーザー目線で考えた場合、アルバムやKeepなどもトークに含まれるべきものであり、3月23日の説明には不足がある」という指摘を受け、「これまでの説明にはユーザー目線を欠いた不十分な点があった」と、今回の移転スケジュールの発表に至っている。

 なお、上記以外のデータを含めた移転の詳細なスケジュールについては、6月11日に予定している特別委員会の第一次報告で告知予定。本来、アルバムとKeepのデータ移転に関しては、特別委員会の客観的な検証を経た上で、第一次報告会で発表する予定だったものの、一部報道を受け、先行してユーザーに説明したとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]