logo

東京eスポーツゲート、「FreeiD」導入--本人認証を顔認証システムで

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プロパティエージェントは5月31日、東京eスポーツゲートと、顔認証IDプラットフォームサービス「FreeiD(フリード)」の独占導入に向けた基本合意書を締結したと発表した。

FreeiD概要
FreeiD概要

 FreeiDは、プロパティエージェントの子会社DXYZが展開する顔認証サービス。これまでバラバラだった鍵や決済を、一つの顔認証IDで実現するプラットフォームで、アプリに顔情報を登録すると、オフィスの入室や買い物の決済等、さまざまな場所で顔認証を利用することができる。

 東京eスポーツゲートは、東京タワーの商業エリア約5600平方メートルの広大な延床面積を活用し、東京タワー至近の近隣施設とも連携した一大esportsスタジアムを開発中で、今冬に開業予定だ。

 今回、このスタジアム内での本人認証を、FreeiDの顔認証システムで実施することにより、東京eスポーツゲートへの来場者に新たなUX体験を提供できる点において、双方のシナジー発揮を期待できると考え、今回のFreeiD独占導入に関する基本合意書を締結するに至ったとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]