エイサー、業界初の17.3型「Chromebook」など4機種を発表

Adrian Kingsley-Hughes (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年05月28日 12時02分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Acerは、新製品発表会「Next@Acer」で4機種の新しい「Chromebook」を発表した。法人顧客への売り込みに本腰を入れ始めたようだ。

「Acer Chromebook 317」

Acer Chromebook 317
Acer Chromebook 317
提供:Acer

 Acer Chromebook 317は、業界初の17.3型Chromebookで、マルチタスクで利用するヘビーユーザーと、没入感のあるエンターテインメントプラットフォームを求めるユーザーの両方をターゲットにしている。狭額縁ディスプレイとバックライト付きキーボードを備え、生産性向上と没入感のあるエンターテインメントのために、スピーカーは上向きに設置されている。プロセッサーはIntelの「Celeron」で、無線LANカードとして「Intel Wi-Fi 6」(Gig+)を採用している。

 できるだけ生産性を上げられるように、Acer Chromebook 317は、両側に2基のUSB-Cポートがあり、バッテリー持続時間は10時間となっている。

 Acer Chromebook 317は6月に発売予定で、価格は379.99ドル(約4万1800円)から。

「Acer Chromebook Spin 713/Enterprise Spin 713」

Acer Chromebook Spin 713
Acer Chromebook Spin 713
提供:Acer

 Acer Chromebook Spin 713Acer Chromebook Enterprise Spin 713は、世界初でChromebook初の「Intel Evo」プラットフォーム認証モデルでもある。この2機種は、13.5インチの「VertiView」ディスプレイと最新の第11世代「Intel Core i7」プロセッサーを搭載し、「Thunderbolt 4」ポート2基を備えている。アルミニウム製シャーシを採用し、「MIL-STD 810H」準拠の耐久性を備えている。

 Acer Chromebook Spin 713は6月に発売予定で、価格は699.99ドル(約7万6900円)から。

「Acer Chromebook 514/Enterprise 514」

Acer Chromebook 514
Acer Chromebook 514
提供:Acer

 使いやすくて持ち運びも簡単な14インチディスプレイの求めるユーザーは、第11世代の「Intel Core」プロセッサーとMIL-STD 810H準拠の耐久設計、10時間持続のバッテリーを備えたAcer Chromebook 514Acer Chromebook Enterprise 514に興味を持つだろう。

 Acer Chromebook 514は8月に発売予定で、価格は599.99ドル(約6万5900円)から。

「Acer Chromebook 314」

Acer Chromebook 314
Acer Chromebook 314
提供:Acer

 最後に、超軽量型のAcer Chromebook 314がある。学生市場がターゲットで、コンパクト設計と15時間持続のバッテリーで「日常的な使用に適した性能」を提供する。

 Acer Chromebook 314は7月に発売予定で、価格は269.99ドル(約2万9700円)から。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]