サムスン、最新タブレット「Galaxy Tab S7 FE」「A7 Lite」を発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ) 編集部2021年05月28日 10時17分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンは5月27日、同社タブレットシリーズの新モデル「Galaxy Tab S7 FE」と「Galaxy Tab A7 Lite」を発表した。

Galaxy Tab S7 FE
Galaxy Tab S7 FE
提供:サムスン

 Galaxy Tab S7 FEは、Galaxy Tab S7シリーズのFE(Fan Edition)だ。

 Galaxy Tab S7 FEの発売日と価格設定は明らかにされなかった。Galaxy Tab A7 Liteは159ドル(約1万7500円)からで米国では6月10日に発売される。

 労働者や学生は複数のデバイスを所有し、場面に応じてそれらを切り替えて利用するようになっており、PCの販売にともなってタブレットの需要も高まっている。サムスンは、その需要を利用しようとしている。

 Galaxy Tab S7 FEは、12.4インチのディスプレイを搭載し、5G接続が可能だ。ストレージは64GB/128GBで、microSDカードで1TBまで拡張可能。「S Pen」が同梱されている。OSは「Android 11」で、「Multi-Active Window」「App Pair」のほか、「DeX」などの機能も搭載している。さらに、セカンドスクリーン機能でPCと連携できる。

Galaxy Tab A7 Lite
Galaxy Tab A7 Lite
提供:サムスン

 Galaxy Tab A7 Liteは8.7インチのディスプレイを搭載。内臓ストレージは32GB/64GBで、microSDカードで1TBまで拡張できる。

 両機種の仕様は、国や通信事業者などによって異なる可能性がある。

 サムスンは一部の国でこれらの新型タブレットの購入者に「Samsung TV Plus」と、「YouTube Premium」のトライアルを無料で提供する。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]