Uber、米国でワクチン接種へ行く人向けに無料配車--7月4日までの接種率70%達成を支援

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Uberは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン接種へ行く人向けの配車サービス無償提供を、米国で開始した。無償提供は、7月4日まで続ける予定。

ワクチン接種時にUberを無料で利用(出典:Uber)
ワクチン接種時にUberを無料で利用(出典:Uber)

 米国のバイデン政権は、独立記念日である7月4日までにワクチン接種率70%を達成する、との目標を掲げている。これに対しUberは、交通手段を持たないことが接種の妨げになってはならないとして、無料配車で支援するという。

 この取り組みを通じUberは、接種会場と行き来する際の片道4回、つまり往復2回の配車を、最大25ドル(約2700円)分まで無料とする。利用可能な時間帯は、6時から20時まで。両往復利用の間隔は、3週間あけなければならない。

 利用申し込みは、Uberアプリで「Vaccine」(ワクチン)をタップしてから「Get your free ride」(無料乗車)をタップした後、郵便番号を入力して接種会場や自宅などの乗車地点と降車地点を指定する。接種会場などのデータは、公的なワクチン情報サイトから取得している。

アプリで申し込む(出典:Uber)
アプリから申し込む(出典:Uber)

 1回あたり25ドル分まで無料となるが、ドライバーには正規の報酬が支払われる。さらに、Uberは「よろしければドライバーにチップを渡してください」とした。

 なお、Uberはすでに日本国内で無料配車サービスを提供している。

 米CNETの報道によると、Lyftも同様の無料サービスを提供するそうだ。

ワクチン接種を支援(出典:Uber/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]