規格外野菜をシートに--フレンバシー、「VEGHEET」でフードロス削減へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フレンバシーは、同社が運営するマーケットプレイス「Good Good Mart」において、規格外野菜を使用したフードロス削減商品「VEGHEET(ベジート)」の取り扱いを開始した。

 
 

 VEGHEETは、これまで捨てられていた規格外野菜を使用して作った100%植物性の野菜のシート。廃棄野菜を定価で買い上げることで、農家の収入支援や過疎地域の雇用支援にも貢献しているという。

 
 

 なお、材料は野菜と寒天のみ。食品添加物や化学調味料は使用しておらず、アレルゲンフリーで安心して利用できるとしている。

 シートに採用された野菜はにんじん、かぼちゃ、トマト、だいこんの4種類。同梱枚数は、かぼちゃとトマトが4枚、にんじんとだいこんが5枚となる。希望小売価格はいずれも376円。

 また、トーストサイズ(トマトとにんじん)も用意する。希望小売価格は214円。

 
 
 
 
 
 

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]