SpaceXの宇宙船「Starship」、テスト飛行の“目的地”はハワイに

Eric Mack (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年05月17日 11時43分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Elon Musk氏の宇宙船「Starship」の最初の旅は、軌道経由ハワイ行きとなる。

Starship
提供:SpaceX

 SpaceXが米連邦通信委員会(FCC)に提出した新たな書類から、その計画が明らかになった。同社は、次世代の宇宙船が初めて本物の宇宙空間に飛び立つにあたり、FCCに無線通信認可のライセンスを申請した。

 「Starshipのテストフライトは、テキサス州のStarbaseから打ち上げられる。ブースターは打ち上げからおよそ170秒で切り離される。ブースターはその後、地表に引き返し、メキシコ湾の海岸からおよそ20マイル(約32km)の地点に着陸する予定だ。Starshipは引き続きフロリダ海峡に沿って飛行する。軌道に到達したのち、エンジンを使用した目的地への飛行を開始し、カウアイ島の海岸から北西およそ100kmの地点の海にソフトランディングする」

 次回のStarshipプロトタイプは、ブースター「Super Heavy」を使って、テキサス州ボカチカにあるSpaceXの開発施設から打ち上げられる。Super Heavyは切り離されて地表に戻り、おそらく船上に着陸するが、Starshipは軌道への飛行を続け、東に向かってハワイまで飛び、太平洋に着水する。発射から落下まで全飛行時間は90分を予定している。

 Starshipを開発する目的を初めて明らかにした時、Musk氏はロケットによって地上の2地点を最速で結ぶという構想を明らかにした。今回の計画は、その構想を思い出させる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]