logo

モトローラ、OTAワイヤレス充電技術のGuRu Wirelessと提携

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2021年05月13日 11時26分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Motorolaが、充電ケーブルだけでなく充電パッドも必要としない、新興企業GuRu Wirelessの中距離充電技術を自社スマートフォンに導入する計画をスタートさせている。この技術は、充電ハブから送られる電波を利用し、10フィート(約3m)以上離れたところまで、スマートフォンやノートPC、さらにはドローンにも電力を送ることができる可能性がある。

GuRu Wireless
提供:GuRu Wireless

 Lenovo傘下のMotorolaとGuRu Wirelessは米国時間5月12日、この提携を発表した。Motorolaは、この充電技術を搭載する可能性のある製品や、実現する時期について詳細を明らかにしていない。Motorolaのプロダクト担当バイスプレジデントDan Dery氏は、プレスリリースで「革命的なOTA(over-the-air)ワイヤレスパワー技術でユーザーが得られる自由や柔軟性の一端を、このソリューションで提供していく」とコメントしている。

 GuRu Wirelessの技術はミリ波周波数を利用する。充電ハブからデバイスへは「GuRu RF Lensing」技術を用いてピンポイントで電力を届ける。障害物を検知した場合は送電をストップする。デバイスを動かした場合も、ハブはデバイスの新しい位置を数秒で検知する。

 GuRuの充電ハブは、部屋のシーリングライトやオフィスの音声会議スピーカーシステムのほか、スマートスピーカーなどのデバイスにも組み込めるという。

GuRu
提供:GuRu

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]