Instagram×ヒトサラ、レストラン予約機能で連携--直接レストラン予約が可能に

坂本純子 (編集部)2021年04月21日 17時19分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Instagramは4月21日、飲食店がビジネスプロフィールに「席を予約する」ボタンを表示し、来店予約ができるレストラン予約機能の連携パートナーとして、新たにUSEN Media(USEN-NEXT GROUP)が提供するグルメメディア「ヒトサラ」と提携したことを発表した。

行きたいレストランの予約をそのままInstagram上で行えるようになる
行きたいレストランの予約をそのままInstagram上で行えるようになる

 レストラン予約機能を使うと、利用者はInstagramで発見した飲食店の来店予約を、アプリを閉じることなく数タップで完了できる。

 ヒトサラは、料理人の掲載数が多いグルメメディアだ。看板コンテンツは「シェフがオススメするお店」。動画やSNSにも注力しており、トップシェフとヒトサラ編集長の対談動画が人気を得ているほか、Instagramのメインアカウントのフォローワー数は6.3万と主要グルメサイトではトップを誇るという。

ヒトサラとの連携は、ぐるなび、TABLE REQUESTに続く3社目
ヒトサラとの連携は、ぐるなび、TABLE REQUESTに続く3社目

 今回の提携について、USEN Media(USEN-NEXT GROUP)代表取締役社長の成内英介氏は、「インスタでおいしい料理や店を発見してお店に行くケースが増えている。検索サイトで検索して、予約できるグルメサイトを探して予約するのが手間だと感じていたので、それが直接つながると非常に便利になる。ヒトサラの掲載店もすでにInstagramのアカウントを持っている店が非常に多い。ちょうど1年前から先行して料理の注文の機能は連携しており、効果を上げている店舗がある」と説明した。

 レストラン予約の機能は、2018年10月にぐるなびとのパートナーシップを通じて国内で初めて導入。2020年秋にはBespoが運営する飲食店予約サービス「TABLE REQUEST」とも連携しており、ヒトサラとの連携は3社目となる。

 Instagramは、新しい商品やサービスを発見するだけでなく、飲食店の最新情報を得たり、行ってみたいレストランやカフェを見つけたりするためのツールとしても利用されている。

 最近では、時間短縮要請に伴う営業時間の変更やコロナ禍での営業形態の変更などをユーザーにタイムリーな営業状況を伝える手段としてInstagramを使用し、レストラン・シェフによる発信やプロフィール情報がユーザーとつながる一つの軸となっているという。

 実際に導入しているぐるなびでは、現在、数千店舗が「席を予約」ボタンをInstagramのプロフィール画面に設定(3月末時点)。ネット予約の半数以上がInstagram経由の店舗もあるという。

ぐるなびとの連携による実績
ぐるなびとの連携による実績

 また、レストラン予約サイトTABLE REQUESTを運営するBespo 代表取締役 CEOの岳史典氏は、「飲食店にとっては標準装備」と言い切る。また、顧客の一例として、グローバルダイニングが自らがストーリーズで席の予約方法などを説明し、使い方を啓発することでユーザーの獲得に効果を上げていることを紹介した。

グローバルダイニングの事例
グローバルダイニングの事例

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]