GMとLGエナジー、23億ドル投じアルティウム型バッテリ工場建設--米国で2カ所目

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 General Motors(GM)とLG Energy Solutionの合弁会社であるUltium Cellsは、23億ドル(約2499億円)以上を投じ、米国内で2カ所目のアルティウムバッテリ工場をテネシー州スプリングヒルに建設すると発表した。間もなく着工し、2023年中に操業開始する計画。

2カ所目のアルティウムバッテリ工場を建設(出典:GM)
2カ所目のアルティウムバッテリ工場を建設(出典:GM)

 アルティウムバッテリは、パウチ状に加工した大容量バッテリセルを、垂直方向や水平方向に積み重ねて構成する方式のバッテリパック。開発する電気自動車(EV)のデザインに合わせて、容量と形状を比較的自由に設計できるという。バッテリ容量は50kWhから200kWhまで調整可能。レベル2の直流高速充電に対応する。

 新工場はGMの所有地に建設し、生産したバッテリはGMのスプリングヒル工場で自動車組み立てに使う。新工場の操業により、生産を担当する1300人分の新規雇用が生まれるとしている。

スプリングヒルのバッテリ工場は面積280万平方フィート(約26万平方メートル)(出典:GM)
スプリングヒルのバッテリ工場は面積280万平方フィート(約26万平方メートル)(出典:GM)

 米CNETの報道によると、1カ所目の工場は現在オハイオ州ローズタウンで建設中。投資額は、スプリングヒルと同じく23億ドル。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]