スマートニュースが「新型コロナワクチンチャンネル」開設--接種時期の通知や予約可否の地図表示も

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートニュースは4月13日、65歳以上の高齢者へのワクチン接種が開始されたことに合わせ、ニュースアプリ「SmartNews」に「新型コロナワクチンチャンネル」を開設したと発表した。


「新型コロナワクチンチャンネル」

 また、利用者ごとの接種時期に通知を届ける「ワクチンアラーム」や、利用者の居住地域の3万3000カ所を超える接種施設・かかりつけ医の予約可否を地図で表示する「ワクチンマップ」などの機能も提供する。

 新型コロナワクチンは、4月12日から65歳以上を対象として接種が開始された。しかし、同社が65歳以上のユーザーを対象に実施した4月のアンケート調査では、9割以上が、いつどこでワクチンが接種できるかの情報が不充分と回答しているという。


 また、全国の自治体のコールセンターには、ワクチン接種の予約に関する問い合わせ殺到しており、大きな社会課題になっている。そこで同社は、国民のひとりひとりがワクチン接種に関する情報を的確に取得できる環境づくりが重要と考え「新型コロナワクチンチャンネル」を開設した。

 同チャンネルでは、ワクチンの有効性や副反応、接種までの手順や手続きについて解説する記事など、ワクチンの基本情報を掲載。テレビ、全国紙、通信社、地方紙、海外メディアなどが報じる、国内外のワクチン関連の最新ニュースや専門家による解説記事なども配信する。さらに、厚生労働省が発表するデータを基に、全国のワクチン接種回数を分かりやすいビジュアルで掲載。日ごとの新規接種回数や累計接種回数をグラフで表示するという。

 ワクチンアラームでは、居住地や生年月日などの項目に答えると、全国1741の市区町村が発表した情報を基に、ワクチン接種時期の目安が表示される。市区町村で情報を発表していれば、接種時期の開始に合わせて通知を受けることも可能。

 加えてワクチンマップでは、自治体や医療機関が公表した情報を基に、全国3万3058カ所(4月12日11時時点)のワクチン接種施設・医療機関も地図上に表示される。接種施設の詳細ページでは、住所や予約可否などの情報を掲載。予約が可能になったら通知を受け取ることもできるという。さらに、かかりつけの医療機関が予約開始になると通知する機能も提供する。

 同チャンネルの開設合わせて、2020年7月9日以来のメジャーアップデートも実施し、アプリのトップ画面を刷新した。健康や災害に関する最新の情報に、より簡単にアクセスできるように、画面最上部に複数のカードを並べた新エリア「トップカード」を設置している。

「トップカード」
「トップカード」

 カードには、リアルタイムで最新の情報が表示され、ワンタップで各種機能やコンテンツにアクセス可能。また、ワクチンが接種できる時期や接種施設に関するカードをはじめ、感染者数やワクチンの接種状況、雨雲レーダーや災害レーダーなどを中心に、幅広い生活情報を提供するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]