logo

中国、アリババに罰金約3000億円--独禁法違反で

CNET News staff  (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年04月12日 09時23分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国政府は現地時間4月10日、Eコマース大手の阿里巴巴(アリババ)に対し、独占禁止法に違反したとして180億元(約3000億円)という記録的な額の罰金を科したという。Reutersが報じた。国家市場監督管理総局(SAMR)は、アリババが市場支配力を濫用し、出店者に他のEコマースプラットフォームを利用させないようにしていたとしている。

アリババ
提供:Angela Lang/CNET

 数カ月前には、創業者で前最高経営責任者(CEO)のJack Ma氏が中国の規制制度を批判していたとReutersは報じている。Reutersによると、中国当局はその後、アリババ傘下のインターネット金融企業アントグループが計画していた370億ドル(約4兆円)規模の新規株式公開(IPO)を延期させた。

 またReutersによると、SAMRはアリババに、コンプライアンスを改善し、消費者の権利を保護することを目的とした「徹底した改革」を行うよう求めた。

 アリババは決定を受け入れ、罰金について「公正な市場競争を保護するための重要な措置」だとした。また声明で、独占禁止に関するSAMRの調査に協力し、「安定した事業運営を保証しながら、社内システムの自己評価を実施し、改善策を講じた」とした。

 180億元の罰金は、2019年のアリババの中国国内の売上高の約4%に相当するという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]