Pinterest、ポジティブな環境を守るための指針とコメント管理機能を追加

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2021年04月08日 12時51分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Pinterestは米国時間4月7日、新しいガイドラインとコメント管理ツールを導入すると発表した。ツールには、攻撃的な発言や人を傷つける言葉を投稿しようとした場合に確認を行う「ポジティブリマインダー」などがある。

Pinterestのロゴ
提供:Getty Images

 ソーシャルメディアプラットフォームは、オンラインいじめや中傷、ハラスメントへの対策が十分でないとして批判されており、「クリエイターコード」と呼ばれる新しいガイドラインと新機能の導入は、こうした批判への対応を示すものだ。

 7日のオンラインイベントで、Pinterestの共同創業者でチーフデザイン・クリエイティブ責任者を務めるEvan Sharp氏は、「テクノロジー企業が非人間的に見えるふるまいをしているとの言説が頻繁に目につく時代においても、Pinterestはこれまで通り、人を中心としたテクノロジー企業の構築に取り組んでいく」と語った。

 ユーザーは「ストーリーピン」の投稿前に、この「クリエイターコード」への同意が求められる。ストーリーピンとは、複数の写真と動画を組み合わせ、テキスト、音楽、ナレーションなどを追加したコンテンツを投稿できるツールだ。このコードでは「優しさを忘れずに」「事実に基づいた内容で」「多様性に配慮する」といったルールを説明している。

「クリエイターコード」への同意を求めるメッセージ
「クリエイターコード」への同意が求められる
提供:Pinterest

 新しいコメント管理ツールでは、クリエイターがコメント内のキーワードをフィルタリングしたり、コメントを削除したりできる。ポジティブな発言を強調する手段として、コメントフィードから3つのコメントを選んでハイライト表示させることも可能だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]