logo

Arm、10年ぶりの新アーキテクチャー「Armv9」--セキュリティとAI能力を強化

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 高森郁哉 (ガリレオ)2021年03月31日 10時53分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英Armは現地時間3月30日、セキュリティとパフォーマンスを大幅に向上させる新たなプロセッサーアーキテクチャー「Armv9」を発表した。同社によると、このArmv9を採用するプロセッサーは今後10年で約3000億個製造される見込みだという。

Armv9
提供:Arm; illustration by Stephen Shankland/CNET

 Armv9は、10年前に登場した「Armv8」の後継だ。ソフトウェアがチップを制御するのに使用する命令セットや、命令の実行方法に関するアーキテクチャーの詳細など、チップがどのように動作するかを規定している。

 Armで知的財産グループのプレジデントを務めるRene Haas氏は、Armv9アーキテクチャーで向上した性能は、Armベースのプロセッサーを未来に導くものだと語っている。

 Armv9のロードマップに導入される「Arm Confidential Compute Architecture」は、演算をセキュアな環境に保つことで、クラウドコンピューティングのセキュリティを向上させる。Amazon Web Services(AWS)のクラウドコンピューティングを例に挙げるなら、AWSの顧客が演算で扱うデータをAmazon側で見ることは不可能になるという。これは、個人情報を保護することが必須の医療、行政、銀行といった分野の顧客にとって重要だ。

 Armv9ではまた、音声認識、スパムメールの除去、画像加工など、コンピューター分野で注目度の高い人工知能(AI)タスクの実行方法も改善されている。

 Haas氏によると、ソフトウェア開発ツールの改良と合わせたArmv9全体の進化により、Armベースのチップの性能は2021年に15%、2022年はさらに15%向上するという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]