DNP、「バーチャル書店」の開発を開始--バーチャル空間「池袋ミラーワールド」に構築

佐藤和也 (編集部)2021年03月26日 16時08分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大日本印刷(DNP)は、3月27日にオープンするテレビ東京運営のバーチャル空間「池袋ミラーワールド」に参画。DNPグループのジュンク堂書店池袋本店を「バーチャルジュンク堂書店池袋本店」として池袋ミラーワールドに構築するとともに、「バーチャル書店」の事業化に取り組む。

 バーチャル書店に自宅などからウェブブラウザでアクセスし、アバターを通してバーチャル空間に作られたフロアやイベントコーナーなどを回ることができる。書店を、生活者が本をきっかけに「知」や「人」と出会えるコミュニケーションメディアととらえ、より自由度の高いバーチャル空間においても、コンテンツとメディアの新たな体験価値を提供する。

「バーチャルジュンク堂書店池袋本店」内観イメージ
「バーチャルジュンク堂書店池袋本店」内観イメージ

 本の魅力は、ストーリーや読み物としての面白さだけでなく、作者・ファン・登場人物・物語の世界観・関連する事象や場所・創作過程などの多様な要素で構成されているものとし、バーチャル書店では、それらの魅力を読書以外の形でも体験できるコンテンツとして提供。キュレーターによる本の魅力の解説、動画や音声の活用、オンラインサロンの開催といった多様な手法で、本の新しい楽しみ方を提供していくことを目指す。

 ほかにも、書店員や著名人などが独自のテーマでお薦めの書籍を紹介する「ブックツリー」や「AI書店員」など、ビジュアル化された検索機能やレコメンド機能を通じて偶発的なコンテンツとの出会いが楽しめる機能も開発予定。同じコンテンツに興味関心を持つ人同士がつながる場を提供し、共感度の高いコミュニティ形成にもつなげていくという。

 バーチャル空間に陳列する書籍などから、紙とデジタルの両方に対応するハイブリット型総合書店「honto」や、丸善ジュンク堂書店のリアル店舗への誘導を図り、各書店の販促につなげていくことも考えているとしている。

 同社では、知識や技能の習得、娯楽における本というコンテンツの大切さが再認識されいるなかで、出版市場では、新たなコンテンツの売り物・売り場・売り方の創出が喫緊の課題となっているという。事業を通じて培ってきたノウハウや技術を活かし、XRコミュニケーション事業のひとつとして、池袋ミラーワールドに参画するとともに、リアルとバーチャルを融合した「未来の読書体験」の実現を目指すとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]