SIE、PS5向け次世代VRシステムの新コントローラーを公開--デザインはオーブ型に

佐藤和也 (編集部)2021年03月19日 06時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは3月18日、開発を表明しているPlayStation 5(PS5)向け次世代バーチャルリアリティ(VR)システムについて、新しいVRコントローラーのデザインや機能などを公開した。

PS5向けVRシステムの新VRコントローラー
PS5向けVRシステムの新VRコントローラー

 同日付けで公開されたPlayStation.Blogのエントリーに詳細が記載されており、それによると、デザインはオーブ型となっており、エルゴノミクス(人間工学)も重視したデザインで、握った際もバランスが良く、しっくりと手になじむように設計されたもの。握った際に自然と手にフィットするようになっており、手の動きを妨げることなく自由度の高いゲームプレイが可能になるという。

新VRコントローラーの装着イメージ
新VRコントローラーの装着イメージ

 機能については、左右のVRコントローラーそれぞれにアダプティブトリガーボタンを搭載。PS5向けコントローラーであるDualSense ワイヤレスコントローラーと同様に、押し込んだ際に抵抗を感じられるようになっているという。また、新たなVRコントローラーの形状に最適化したハプティックフィードバックを搭載しており、ゲーム内でのあらゆる感触をさらに強力に、あるいは手触りやニュアンスが感じられる表現が可能という。

コントローラーには、押さずとも触れるだけで指を認識するフィンガータッチ機能を親指、人差し指、中指が置かれる3ヵ所に搭載。ゲームプレイ中も自然なジェスチャーによる操作が可能となる。オーブ表面に点在するトラッキング機構により、VRヘッドセットがVRコントローラーをトラッキングする。

 左のコントローラーには、アナログスティック・△ボタン・□ボタン・グリップボタン(L1)・トリガーボタン(L2)・クリエイトボタンが搭載。右のコントローラーには、アナログスティック・×ボタン・〇ボタン・グリップボタン(R1)・トリガーボタン(R2)・オプションボタンを搭載。グリップボタンの用途としては、たとえばゲーム内のオブジェクトをつかむといったときに使えるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]