SIE、ロボットトイ「toio」向けに無料プログラミングアプリの新サービスをリリース

佐藤和也 (編集部)2021年03月17日 17時04分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は3月17日、ロボットトイ「toio」について、ビジュアルプログラミングアプリを中心とした新サービス「toio Do」をリリースした。料金は無料。

 toio Doは、ミニゲームで遊んだり、サンプルプログラムに触れるなかで、プログラミングを身に付けることができる新しいサービス。従来のtoioにおけるビジュアルプログラミングで提供されているWindows10やMacのブラウザ版に加え、新たにiPadやChromebook向けのアプリ版でもビジュアルプログラミングができるようになる(Chromebook版は4月リリース予定)。

「toio Do」について
「toio Do」について

 またtoio Doには、「あそぶ」と「つくる」の2つのサンプルプログラム集が含まれている。あそぶには、クリエーターによるロボットを使ったミニゲームや便利な道具(ツール)のサンプル、つくるにはミニゲームの作り方のほか、プログラミングの基本やロボット工学入門も含むサンプルが用意されている。

 toio Doのリリースにあわせて、toioユーザー(親子)、エンジニア、デザイナー、クリエイターなどが集い、作った作品の情報交換やプログラミングに関する相談などを気軽にできる無料のオンラインコミュニティスペースを開設。また、一般社団法人MAが運営するウェブサービス「ProtoPedia」にて、プログラミングコンテスト「『toio』の『Do!コン』」を開催する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]