logo

Facebook、新型コロナワクチン接種を支援する新ツールなど提供へ

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年03月16日 10時59分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間3月15日、新型コロナウイルスのワクチン接種を支援するため、情報提供などの新しいツールをリリースすることを明らかにした。接種会場や時間などの情報を容易に得られるようにする。

Facebook
提供:Pixabay/Illustration by CNET

 この新しいツールは、ワクチンをめぐる公衆衛生関連のメッセージを発信する役割をハイテク企業が担っていることを示している。ソーシャルネットワーク各社は、ワクチンが有害で自閉症を発症させるという虚偽の主張など、ワクチンに関する偽情報への対策にも追われている。Joe Biden米大統領は先週、5月1日までに全成人をワクチン接種の対象とするよう各州に要請するとしていた。

Facebook製新ツール
提供:Facebook

 Facebookはパンデミックの中で、新型コロナウイルス関連の情報を提供するオンラインハブ「COVID-19 Information Center」を立ち上げた。そして、世界でこれを傘下の写真共有サービス「Instagram」にも拡大している。また、米国のFacebookユーザーは、このオンライン情報センターで、近くのコロナワクチン接種会場を見つけやすくする新機能を利用することができる。この新機能は71の言語で提供される。接種会場に関する情報はVaccineFinderが提供する。接種会場の連絡先情報、受付時間、予約サイトへのリンクが含まれる。Facebookは、ボストン小児病院と協力し、この新機能を構築した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]