ukkaの新たな挑戦--法人向け食品製造・加工プラットフォーム「FOOVEST」(β版)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ukkaは3月8日、産地と加工会社をネットワーク化し、原料手配から加工までを一気通貫で提供する食品製造・加工プラットフォーム「FOOVEST(フーベスト)」のβ版をリリースしたと発表した。

 FOOVESTを活用することにより、食品メーカーや食品小売企業の商品企画(購買)担当者は、全国の農産物(産地・品種)を指定し、ピューレやシロップ漬け、冷凍など条件に応じた一次加工品をワンストップで発注できるようになる。

 同社はこれまで、全国のこだわりの生産者から直接農産物などを購入できる産直プラットフォーム「ukka」を運営しており(2020年3月末にサービス終了)、その際に培った全国の生産者ネットワークを最大限生かす形で、今回のB2Bプラットフォームにシフトした。

 
 

 なお、今回リリースしたβ版では、用途に応じた「原料」と「加工方法」を画面上で選択し詳細条件を入力することで、自社データベースに基づいた「暫定見積もり」が即時取得可能。さらに、その後の書類・サンプル手配や契約・発注手続きも、FOOVESTによってワンストップに対応できる。

 これにより、平均3〜6カ月かかっていた取引先の開拓から契約までを数日単位までに短縮。取引までのリードタイムを大幅に削減できるという。

 また、β版リリースに合わせて、初期はスイーツの主原料となる農産物に特化した。FOOVESTのサイト上から、希望の産地・品種・最終用途などを自由に選択できる。また、受注生産型で原料を事前確保するため、数十トン単位の大量ロットにも対応するという。

 加工方法は、シロップ漬け(ホール・スライス・ダイス他)、ピューレ(果肉あり・なし)、果汁(ストレート・濃縮)、冷凍(皮むき・ハーフ他)など30通り以上の一次加工パターンに対応。国際認証やHACCP認証を取得している加工会社を活用し、安心安全な供給体制を構築している。

 
 

 同社によると、八天堂や伊藤忠食糧、その他有名スイーツブランドがβ版を先行して利用しているという。

 今後は、対象となる原料食材や加工方法などのカテゴリーも順次拡大しつつ、蓄積される受発注データを活用した精度の高い「原料加工の即時見積り」と「WEB完結型の受発注機能」の構築を進めていく。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]