スマホで花粉症診療、ポストに薬--ネオキャリア、「おうちドクター」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネオキャリアは3月1日、診療から処方薬の受け取りまでをワンストップで行うオンライン受療支援サービス「おうちドクター」の提供を開始した。

 
 

 おうちドクターは、PCやスマートフォン、タブレットなど、カメラとマイクの両機能を備えたデバイスを活用し、ウェブブラウザからオンライン診療を受け、自宅で処方薬を受け取れるオンラインサービスだ。

 必要な医療サービスを時間や場所によらず、専門医に症状を相談できることから、仕事が忙しいビジネスパーソン、子育てや介護中の人、体が不自由な人、新型コロナの院内感染や外出による感染リスクを軽減したい人の利用を想定しているという。

 診療対象は、耳鼻咽喉科の対象である季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)診療。診療対象については、随時追加していく予定。

 
 

 なお、利用にはコミュニケーションサービス「LINE」を利用。おうちドクター公式LINEアカウントを友だち追加のうえ、個人情報と本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポート、住民基本台帳カードのいずれか1つ)を登録して診察を依頼する。

 料金については、医師が診察・処方し、処方に応じた料金が提示される。

 サービス利用料は、1カ月分(税別3500〜8500円)と3カ月分(税別6000〜1万9500円)を用意する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]