logo

ニチレイ、植物肉を使用した「大豆ミートのハンバーグ」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フードテック・スタートアップのDAIZは3月1日、ニチレイフーズが発売した冷凍食品「大豆ミートのハンバーグ」において、発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」が採用されたと発表した。

キャプション

 ミラクルミートは、従来植物肉の主原料として使用されてきた大豆搾油後の残渣物(脱脂加工大豆)ではなく、丸大豆を使用した植物肉。オレイン酸リッチ大豆を使用することで、大豆特有の臭みを無くし、異風味を低減しているのが特徴。

 ニチレイフーズの冷凍食品「大豆ミートのハンバーグ」は、肉を使用せずに大豆ミートを使用したハンバーグ(2個入り:140g)。大豆ミートを数種類組み合わせることで、肉のような食感やジューシー感を再現しているという。

キャプション

 ソースは、野菜の旨味を生かしたデミグラスソース仕立て。

 また、ハンバーグ1個あたりイソフラボンが約25mg摂取でき、肉を使用したハンバーグと比較して、コレステロールが約95%抑えられているという(お弁当にGood! ミニハンバーグとの重量当たりの比較)。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]