logo

植物肉のDAIZ、味の素と資本業務提携

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」を開発・製造するDAIZは12月14日、味の素と資本業務提携を締結したと発表した。

 ミラクルミートは、従来植物肉の主原料として使用されてきた大豆搾油後の残渣物(脱脂加工大豆)ではなく、丸大豆を使用した植物肉。オレイン酸リッチ大豆を使用することで、大豆特有の臭みを無くし、異風味を低減しているのが特徴。

 また、発芽大豆をエクストルーダー(押出成形機)にかけ、膨化成形技術により、肉のような弾力と食感を再現している。

 同社によると、タンパク質危機とSDGsを背景に、植物肉の需要拡大が見込まれているという。そこで、植物肉のさらなる市場拡大に向けて、同社のミラクルミートと、味の素の「おいしさ設計技術」を用いたソリューションによる次世代植物肉原料の実現に向けた協業を開始する。

 同社は、国内外の植物肉開発企業に対する植物肉原料の供給を通じて、一般消費者へ植物肉を食す文化の浸透を目指す。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]