logo

「空飛ぶタクシー」を2024年にLAで実現へ--eVTOLの新興企業Archerが前進

Sean Szymkowski (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年02月26日 11時47分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電動の垂直離着陸(eVTOL)機を手がける新興企業Archer Aviationは、このところ大きな前進を遂げている。1月にはStellantisとの提携を発表し、その後、今後製造される機体10億ドル(約1060億円)分の受注契約をUnited Airlinesと結んだことを明らかにした。特別買収目的会社(SPAC)を通じて株式公開する計画もある。同社は今回、ロサンゼルスに目を向けた。Archerは米国時間2月23日、2024年にUrban Air Mobility(都市航空交通)ネットワークをロサンゼルス市で実現すると発表した。

eVTOL
提供:Archer

 大胆な期限設定であることは間違いないが、ロサンゼルス市とArcherは、同社が今後製造するeVTOL方式の空飛ぶタクシーによって、道路の渋滞緩和を目指す。なお、同社はこの空飛ぶタクシーについて、まだ情報を全面公開していない。187kWhのバッテリーパックを搭載する計画があることはわかっている。これにより航続距離約97km、最高時速約240kmを実現するという。航続距離がこれほど短く、遠くまでは行けないため、まさにタクシーだ。だが、街の中を素速く移動するのに役立つかもしれない。

 Archerとロサンゼルス市の取り組みでは、Urban Movement Labsとロサンゼルス市交通局が協力して、乗客がこれらの小型電動航空機に乗り降りする「垂直離着陸機用飛行場」も造る。その設置場所や、ロサンゼルス市がこのインフラをどのように統合する計画であるかについては言及されていない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]