logo

インテル、ゲルシンガー氏がCEOに正式に就任--「イノベーションの源泉に」

Tiernan Ray (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2021年02月17日 12時20分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Pat Gelsinger氏が米国時間2月15日、Bob Swan氏の後任としてIntelの最高経営責任者(CEO)に就任した。Gelsinger氏は16日朝、Intelの従業員にメモを送り、業界の「イノベーションの源泉」になるよう促した。

 同氏は、「われわれは比類のないIP、エンジニアリングの人材、新しい次世代コンピューティングアーキテクチャーの研究を通して、業界の継続的なイノベーションの源泉となる」とした。

 Gelsinger氏はさらに3つの目標を掲げた。競争の激しい市場におけるすべてのカテゴリーでリーダーになること、「完璧に遂行する」ことを挙げたほか、共同創業者で元CEOの故Andy Grove氏に言及し、「直接的で透明性のあるデータ主導の決定と説明責任を実現するGrove式の規律」を一部取り戻す必要があるとしている。

Pat Gelsinger氏
Pat Gelsinger氏

 Gelsinger氏はメモの中で、Intelで長年働いた経験にあらためて言及し、CEO就任について、「私の理想の仕事」に就くことを楽しみにしているとコメントした。同氏はVMwareのCEOに就任する前、Intelに約30年間勤務していた。

 Intelは1月13日、Gelsinger氏がSwan氏の後任としてCEOに就任することを発表した。Gelsinger氏は2月15日、正式に就任した。アクティビストファンドのThird PointはIntelに対し、大規模に改革するよう求めていた。最先端プロセッサーの製造が遅れ、競合するAMDにPCやサーバー向けマイクロプロセッサー市場のシェアを奪われるなど、製造の問題を抱えていたためだ。

 Gelsinger氏は1月21日、第4四半期決算の電話会議に登場し、いくつかの質問に答え、同社の今後の方向性について大まかに説明した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]