JVCケンウッド、ハーフミラー方式採用のヘッドマウントディスプレイ「HMD-VS1W」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは2月16日、JVCブランドより、高画質・広視野角を透過型で実現したヘッドマウントディスプレイ「HMD-VS1W」を発表した。発売は3月下旬。特定販路向けの受注生産品となる。

ヘッドマウントディスプレイ「HMD-VS1W」
ヘッドマウントディスプレイ「HMD-VS1W」

 HMD-VS1Wは、本体前面に透過型のハーフミラーを採用することで、実際の機器や計器類を目視することができ、遅延の無いダイレクトな操作が可能。バーチャル映像を見ながらマニュアルを見る、メモを取るなども可能だ。

 レンズを通さず、ミラーを介して直接映像を見ることができるため、周辺ぼけや色収差がなく、画素感の無い自然な視野を実現。視線を動かしても疲れにくい、広いアイボックス(映像が綺麗に見える範囲)を確保している。

 片目で2560×1440、両眼で5120×1440の高解像度パネルを搭載し、リアリティのある高画質を実現。水平視野角120度で、瞳孔の中心からずれても映像がぼけず、透明感のある映像再現を可能としている。

 外形寸法は、高さ134mm×幅280mm×奥行き135mmで、バンド、ケーブル類除いた重量は640g。表示デバイスは5.5インチLCDで、HDCP2.2対応のDisplayPort1.2を2系統と、ステレオミニプラグ1系統を備える。肌に直接触れるパッドはアルコール(エタノール)による消毒が可能だ。

 さらに、Valve Corporationの「SteamVR Tracking System2.0」に対応し、ベースステーション「SteamVR Base Station 2.0」との組み合わせることで、HMD-VS1Wのトラッキングが可能となる。

 JVCケンウッドはHMD-VS1Wについて、インテリアや自動車内装等のバーチャルなデザイン検証に加え、透過型のメリットを生かし、自動車やフライト等の操作シミュレーター、医用機器や重機等の遠隔操作、製造業や顧客サービス向けトレーニング等への活用を想定している。

表示デバイスは5.5インチLCD。重量は640gになる
表示デバイスは5.5インチLCD。重量は640gになる

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]