非ゲームアプリの世界サブスク売上高、トップ100合計は130億ドルで34%増--1位はYouTube

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SensorTowerは、ゲーム以外のモバイルアプリ市場に関する調査結果を発表した。サブスクリプション契約による売上高トップ100アプリの総売上高は、全世界で130億ドル(約1兆3621億円)で、前年の97億ドル(約1兆164億円)に比べ34%多かったという。

非ゲームアプリの世界サブスク売上高(出典:SensorTower)
非ゲームアプリの世界サブスク売上高(出典:SensorTower)

 アプリに関する売上高は全体的に伸びており、2020年に過去最高の1110億ドル(約11兆6306億円)を記録した。サブスクリプションも、これに追従した形。ちなみに、この1110億ドルの約11.7%が、非ゲームモバイルアプリのサブスクリプション売上高トップ100によるものだった。

 サブスクリプション売上高をアプリストア別でみると、iOS用アプリを配信しているApp Storeの上位100アプリが、103億ドル(約1兆792億円)で、前年の78億ドル(約8173億円)から32%増。一方、Android用アプリのGoogle Play上位100アプリは、27億ドル(約2829億円)で、19億ドル(約1991億円)に対し42%増。

 アプリ別では、YouTubeのサブスクリプション売上高が9億9170万ドル(約1039億円)で1位。YouTubeは、App Storeでも1位を獲得した。ただし、Google Playの1位はGoogle Oneだった。

米国のアプリ別サブスク売上高ランキング(出典:SensorTower)
米国のアプリ別サブスク売上高ランキング(出典:SensorTower)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]