クアルコム、最大10Gbpsの5Gモデム「Snapdragon X65」を発表

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2021年02月10日 12時14分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Qualcomm Technologiesは米国時間2月9日、最新の5G対応モデム「Snapdragon X65 5G Modem-RF System」を発表した。超高速で、用途はスマートフォンに限定されない。通信速度は下り最大10Gbpsで、このモデムを搭載したハイエンドデバイスは2021年中に登場する見込みだ。ハイエンドのスマートフォンのほか、PC、モバイルホットスポット、ロボット、固定無線アクセス、企業が構築するプライベート5Gネットワークなどに活用される可能性がある。

Snapdragon X65 5G Modem-RF System
提供:Qualcomm

 X65では速度が大幅に向上するだけでなく、バッテリー持続時間も改善する。Qualcommの前世代モデム「X60」より通信範囲が拡大し、遅延が減り、アプリケーションの反応性も向上するとみられる。ネットワーク容量も「膨大」になり、ネットワーク上でさらに多くのユーザーが、接続の安定した鮮明なビデオ通話で医師の診察を受けたり、ストリーミングゲームでライバルと対戦したりできるようになる。

 X60モデムは、サムスンの「Galaxy S21」などのスマートフォンに搭載されるようになったばかりで、5Gネットワークでの通信速度は下り最大7.5Gbps、上り最大3Gbpsだ。ただしX60は、比較的低速だが安定性の高いサブ6GHzネットワークと、比較的高速だが通信がより不安定なミリ波(mmWave)帯のキャリアアグリゲーションをサポートしており、全体的なパフォーマンスが向上するほか、平均速度を上げるのに役立つ。

 10Gbpsという速度は、現在使われている大多数のモバイルアプリには不要だが、工場や家庭の固定無線アクセスには有用となり得る。有線接続の現時点での最速は約1Gbpsだが、10GbpsのX65はその10倍高速だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]