ナイキ、手を使わずに着脱できるスニーカー「Nike GO FlyEase」を発売へ

Gael Fashingbauer Cooper (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年02月02日 13時26分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Nikeは、手を使わずに足を踏み込むだけで履ける新しいヒンジ付きのスニーカーを発表した。

Nike GO FlyEase
提供:Nike

 「Nike GO FlyEase(ナイキ ゴー フライイーズ)」と名付けられたこのスニーカーは、「Nike FlyEase」ラインのモデルとして米国時間2月1日に発表されたもので、障害のある人はもちろん、両手がふさがっている人や単に急いでいるだけの人も、片手を使うかまったく手を使わずに履くことができる。

Nike FlyEase着用
提供:Nike video screenshot by Leslie Katz/CNET

 Nikeが投稿した動画を見ると、靴紐のないスニーカーに取り付けられたヒンジによってスニーカーが外側に折れ曲がり、足を入れられる仕掛けになっていることがわかる。その状態で足を入れてかかとを踏み込むだけで、スニーカーはしっかりと足に固定される。脱ぐときは、かかとの部分をもう一方の足で押せばいい。

 Fast Companyのレビュアーによれば、ヒンジは中底の下にあるため、着用中に足の裏にヒンジの段差を感じることはなく、ヒンジは伸縮性のあるバンドで固定されるという。

 このスニーカーは120ドル(日本では税別1万3000円)で15日から「一部のナイキメンバー」に招待制で販売され、2021年後半に一般販売を予定している。


この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]