logo

パナソニック、太陽電池の生産から撤退--国内外における太陽電池の販売は継続

加納恵 (編集部)2021年02月01日 15時15分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニック ライフ ソリューションズ社は2月1日、太陽電池の生産から撤退すると発表した。マレーシア工場と島根工場における太陽電池の生産を終息し、2021年度中に太陽電池の生産から撤退する。

 マレーシア工場では、2021年度中に、太陽電池ウエハ、セル、モジュールの生産を終息。建物、土地などの資産については譲渡を検討し、マレーシア工場の現地法人である「パナソニックソーラーエナジーマレーシア株式会社」は清算する。従業員については、割増退職金支払や再就職支援などを実施していく。

 島根工場についても、2021年度中に太陽電池セルの生産を終息するが、パワーコンディショナ、蓄電池などの生産は継続。太陽電池の生産に関わる従業員については、同工場内を基本として、今後成長が期待されている領域への異動により、雇用を維持する。

 今回の生産撤退に伴い、二色の浜工場における太陽電池の研究開発機能を縮小し、人的リソースについては、成長領域へシフト。国内では、太陽電池の生産委託などによるパナソニックブランドでの販売を継続し、海外では、北米などで実施している太陽電池の外部調達による販売を継続するとしている。

 パナソニックでは、2020年2月に米ニューヨーク州にあるバッファロー工場で太陽電池のセル、モジュールの生産を停止すると発表し、太陽電池におけるテスラとの協業事業を解消している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]