logo

ワコム、ペンタブのChrome OS対応に着手--「One by Wacom」が初の認定製品に

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワコムは1月26日、同社のエントリー向けペンタブレット「One by Wacom」が、「Works With Chromebook」の基準を満たしたワコム初のChromebook対応製品として認定されたと発表した。

キャプション
「One by Wacom」

 One by Wacomは、最新のChrome OSを搭載したChromebookに対して、ドライバーをインストールすることなく、USB(USB Type-A)接続で利用可能。人間工学に基づいた製品デザインと、遅延なく描くことができる筆圧に対応した電池不要の専用ペンで、ペンタブレット上に自然な描き心地でメモ書きやイラスト、お絵かき、スケッチ、画像の編集が可能という。

 また、今回のライブラリ開設に合わせ、セルシスが提供を開始したイラスト・マンガ・アニメーション制作アプリ「CLIP STUDIO PAINT」のChromebook版にも対応する。

キャプション

 同社では、One by WacomとChromebookの利点を組み合わせることで、学校設備や自宅などから参加するオンライン学習用途に活用できるほか、オンライン教育ツールと共に使用することで、教師と生徒がさまざまな場所や複数のデバイスからリアルタイムで簡単に相互コミュニケーションを図ったり、共同作業したりできるとしている。

 さらに、教育分野へのサポートとして、教師と生徒の双方が簡単にオンライン授業を始めることができるソリューションとサービスの拡充を進めており、教師と生徒がワコムペンを活用した授業をすべく、「ワコムペンタブレットとChromebook」に関する情報をまとめたコンテンツライブラリを開設する。加えて、教師に向けたユーザーコミュニティ「Teachers for Teachers」も創設する予定という。

 ワコムでは、Googleと協力してChromebookと互換性がある製品の拡充に取り組んでおり、Chromebookユーザーにペンタブレットおよび、液晶ペンタブレットを開発。さらに、教育分野の幅広い要望に応えるため、学校管理者と設備担当者、教師と生徒が個々に利用するツールから学校や施設のための統合ソリューションまで、ひとつの窓口ですべてのワコム製品にアクセスできるよう準備を進めているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]