logo

ドコモ、国内eスポーツリーグ「X-MOMENT」を発足--「PUBG MOBILE」などで展開

佐藤和也 (編集部)2021年01月25日 14時49分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモ(ドコモ)は1月23日、国内eスポーツリーグブランド「X-MOMENT」(エックスモーメント)の設立を発表。同日から運営を開始した。2月13日からは、バトルロイヤルゲーム「PUBG MOBILE」のリーグ「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON1」を開始。続いて3月13日からは、FPSゲーム「レインボーシックス シージ」のリーグ「Rainbow Six Japan League 2021」も開始する。

1月23日には、X-MOMENTに発足に関するセレモニーも行われた
1月23日には、X-MOMENTに発足に関するセレモニーも行われた

 X-MOMENTにはeスポーツの持つ熱狂を共有し、選手やチーム、ファン、パートナー企業、ゲーム会社が一体となって、心揺さぶる瞬間を重ねることで熱狂を広げ、世界レベルの選手を日本から輩出する、という想いを込めたものとしている。取り組みとして、高額賞金だけではなく、所属選手の競技生活を充実させるための給与サポートや、選手の魅力を発信していくという。また5Gによるモバイルゲームの市場拡大も視野に、今後もゲームタイトルを増やしていくとしている。これらを通じて、日本におけるeスポーツ市場の拡大に貢献するため、選手やファンに対してよりリアルな感動や熱狂を提供し、世界レベルの選手を多数輩出できるeスポーツリーグの運営を目指すとしている。

 PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON1では、国内有数の選手が16チームに所属し、世界大会出場と賞金総額3億をかけた年間2フェーズ制で行われるリーグとなっている。また、選手への給与保証として、所属選手全員に対して年間350万円以上を保証するという。また「PUBG MOBILE CHALLENGE LEAGUE」(二部リーグ)や「PUBG MOBILE OPEN TOURNAMENT」(オープン大会)も開催する。

PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON1
PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON1

 レインボーシックス シージについては、3つのリーグ・大会を、年間を通して開催。3つのリーグ・大会の賞金総額は5200万円となっている。Rainbow Six Japan League 2021は、8チームのプロチームにより行う「レインボーシックス シージ」の国内トップリーグ(1部リーグ)としており、年間1シーズン制。2021年リーグ優勝チームは、2021年秋に開催される世界大会「APAC North」の昇格戦出場権を獲得。シーズン賞金総額は3200万円で、1チームあたり所属選手最大6名に対して、1名につき年間350万円以上の給与を保証する。

レインボーシックス シージにおける、3つのリーグ・大会
レインボーシックス シージにおける、3つのリーグ・大会

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]