logo

アマゾン、バイデン政権のワクチン接種計画を支援すると表明

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年01月22日 12時33分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは、Joe Biden米大統領が就任後100日で米国民1億人の新型コロナウイルスワクチン接種を目指すという目標を達成できるよう、大統領を支援する用意ができていると述べている。小売部門の責任者Dave Clark氏が、新政権に宛てた米国時間1月20日付けの書簡で表明した。AmazonのフルフィルメントセンターやAmazon Web Services(AWS)のデータセンター、子会社Whole Foods Marketの店舗などで働くエッセンシャルワーカーは在宅勤務が不可能であり、早期に新型コロナワクチンを接種するべきだとし、Amazonはその取り組みで支援していくと述べている。Amazonは、認可されたサードパーティーの医療機関と、Amazonの施設を使ってワクチンを投与することで合意したという。

Amazonロゴ
提供:Andrew Hoyle/CNET

 Clark氏は書簡の中で次のように述べている。「ワクチンが提供できるようになれば、迅速に動く用意ができている。また、当社の運用やIT、コミュニケーションの能力、専門知識を活用し、新政権によるワクチン接種の取り組みを支援する準備を整えている」

 Amazonは2020年にはパンデミックの最中に危険手当と無制限で無給の休暇を取得できる制度を打ち切るという決定を下し、新型コロナウイルスに対する安全衛生対策について従業員から批判を受けた。同社は10月、現場の第一線で働く米国の従業員の新型コロナウイルス感染者数について、2万人弱だと公表した。従業員や13州の州検事総長が情報を開示するよう求めていた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]