logo

中国通信大手3社の上場廃止、NYSEが実行へ--方針を再転換

Chris Duckett (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2021年01月07日 16時51分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニューヨーク証券取引所(NYSE)は中国の通信大手3社の上場廃止について、再び方針を改めた。

米国と中国の国旗

 NYSEは、当初の計画通り中国電信(チャイナテレコム)、中国移動(チャイナモバイル)、中国聯通(チャイナユニコム)香港の上場を米国時間1月11日に廃止すると発表した。

 この決定は、5日に財務省の外国資産管理局がNYSEに発行した新たなガイダンスに基づくものだという。このガイダンスでは、米国民は2021年1月11日東部標準時午前9時30分より、この3社の株式に関する特定の取引ができないとされている。

 NYSEはわずか2日前に上場廃止の計画を撤回したばかりだった。NYSEはこの計画を2020年12月31日に発表していた。

 今回の上場廃止の手続きは、今期で退任するDonald Trump大統領が11月12日に発した大統領令を受けたもの。

 この大統領令でTrump氏は、中国政府が自国の軍事力の強化発展のために「米国資本を利用している」と述べており、中国が軍事力を増強すれば、中国政府が米国および海外の米軍の脅威となり、また「米国と米国市民に対する、高度な通常兵器や悪意あるサイバー攻撃」が開発されるとしている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]