logo

「ロックマン」や「ストII」などを収録した画面一体型ゲーム機「RETRO STATION」

佐藤和也 (編集部)2020年12月28日 09時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カプコンの「ロックマン」シリーズや「ストリートファイター」シリーズを収録した新型ゲーム機「RETRO STATION」が、2021年3月に発売される。カプコンからライセンス許諾を受けたTRONが設計と製造、販売は玩拓が行う。価格は1万9800円(税別)。12月25日から予約受付を開始している。

RETRO STATION正面
RETRO STATION正面

 RETRO STATIONの外観デザインインスピレーションは、ロックマンとCRTディスプレイに由来。カプコンのテーマカラーとLOGOデザインを融合したものとなっている。8インチの4:3LCDディスプレイを配置し、カスタマイズしたジョイスティックとボタン、そして2つの音響システムレベルの重低音スピーカーを搭載。クラシックゲームをプレイしながら、懐かしいゲーム音楽を堪能することもできるという。

RETRO STATION背面
RETRO STATION背面

 本体には10タイトルがプリインストールされており、また一部収録されているゲームタイトルのオリジナルサウンドトラックも内蔵している。

収録10タイトル
収録10タイトル

 周辺機器として、アーケードスティック「RETRO STATION FIGHTSTICK」が別売。同じホストで同時に2人までのゲームプレイが可能となるもの。価格は6280円(税別)。さらに、2台のRETRO STATION間を無線で接続し、対戦することができる「RETRO STATION PVP DONGLE」も発売する。価格は3580円(税別)。

RETRO STATION FIGHTSTICK
RETRO STATION FIGHTSTICK
RETRO STATION PVP DONGLEを活用すると、2台のRETRO STATION間を無線で接続し、対戦が可能
RETRO STATION PVP DONGLEを活用すると、2台のRETRO STATION間を無線で接続し、対戦が可能

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]