logo

サムスンの次期イヤホン「Galaxy Buds Pro」、価格は約2万円か

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年12月25日 13時13分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンの新しいワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Pro」に関する情報流出が続いている。12月に入って画像が流出し、今回は価格に関する情報が公開された。

Galaxy Buds Pro
提供:Voice

 Twitterでさまざまな情報を流しているWalkingCatが投稿した新たな比較チャートによると、Galaxy Buds Proの小売価格は199ドル(約2万600円)で、149ドル(約1万5400円)の「Galaxy Buds+」より50ドル、豆のような形をした169ドル(約1万7500円)の「Galaxy Buds Live」より30ドル高い。

 WalkingCatが流出させた第2の画像では、水を弾くGalaxy Buds Proの画像の下に、スペーシャルオーディオ(空間音声)対応、「会話モード」、新しいGalaxy Budsウィジェットなどの新機能が列挙されている。この画像によると、Galaxy Buds Proは「インテリジェント・アクティブ・ノイズキャンセリング」機能を搭載し、耐水性能がIPX7等級に向上している。つまり、水深1mに最大30分水没させても問題がないことになる。Galaxy Buds+とGalaxy Buds Liveの耐水性能は、IPX2等級にすぎない。

 これまでに流出した情報の通り、新しいチャートでもGalaxy Buds ProのデザインはGalaxy Buds+に似ているが、バッテリー持続時間は前モデル2機種とやや異なるようだ。連続再生可能時間は最大8時間となり、Galaxy Buds Liveと同程度だが、Galaxy Buds+より3時間短い。充電ケースを併用した場合は28時間で、Galaxy Buds Liveの29時間より若干短いが、Galaxy Buds+の22時間より長い。

 連続通話可能時間は最大4時間半で、Galaxy Buds Liveより1時間短く、Galaxy Buds+と比べると3時間短い。充電ケースを併用した場合は最大15時間で、Galaxy Buds+と同程度だが、Galaxy Buds Liveより4時間短い。

 サムスンは、2021年初めにGalaxy Buds Proを発売するとみられている。米国時間1月11日にCES 2021での記者会見を予定しているほか、1月14日に「Galaxy S21」を発表すると予想されており、同社にとっては忙しい1月になりそうだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]