logo

セガ知識を深める「セガゼミ」第4回--海外スタッフがソニックや開発スタジオを解説

佐藤和也 (編集部)2020年12月21日 18時11分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セガグループは12月21日、ウェブ動画「セガゼミ」について、第4回となる、海外スタッフ講師陣による「セガ オブ アメリカ:WHO IS SONIC? 講座」ならびに、「セガ ヨーロッパ:EUROPE STUDIOS 講座」の2本を公開した。

「セガ オブ アメリカ:WHO IS SONIC? 講座」より
「セガ オブ アメリカ:WHO IS SONIC? 講座」より

 セガゼミは、2021年1月23日と24日に実施する、セガ設立60周年プロジェクトの一環として開催する参加型オンラインイベント「セガい共通テスト」の公式対策講座として配信されているもの。それぞれの担当分野で活躍中のエキスパート社員が講師を務めている。

 締めくくりとなる第4回は、セガグループのアメリカとヨーロッパのオフィスでの講義を、自宅にいながらバーチャルで受けられる“バーチャ留学”。セガグループの海外スタッフ4名を講師に迎え、英語による2つの講座を日本語字幕つきで公開している。

 セガ オブ アメリカ:WHO IS SONIC? 講座では、Katie CHRZANOWSKI(ケイティ・クルスノウスキー)先生が担当。セガの代表的キャラクターのひとつであり、国内だけではなく海外でも広く知られる「ソニック」を題材に、“ソニックとは誰か?”を分かりやすく解説。1991年に北米でデビューしたソニックに関して、開発初期の呼び名や青色の秘密、シリーズの宿敵「Dr.エッグマン」の特徴やその野望など、ソニックの世界観や登場するキャラクターを紹介している。

Katie CHRZANOWSKI(ケイティ・クルスノウスキー)先生
Katie CHRZANOWSKI(ケイティ・クルスノウスキー)先生

 セガ ヨーロッパ:EUROPE STUDIOS 講座では、Ibrahim BHATTI(イブラヒム・バッチ)先生、Marta CAMILLO(マルタ・カミロ)先生、Chris BAILEY(クリス・ベイリィ)先生の3人が担当。セガグループは世界各国に開発スタジオとパブリッシング拠点があり、この講座では、セガの海外拠点についての基礎知識が習得できるというもの。SEGA Europe Ltd.管轄のもと、英国、フランス、カナダに拠点を置く5つのワールドクラスの開発スタジオの特性や手掛けるタイトルについて、3名の講師が順を追って説明している。

Ibrahim BHATTI(イブラヒム・バッチ)先生
Ibrahim BHATTI(イブラヒム・バッチ)先生
Marta CAMILLO(マルタ・カミロ)先生
Marta CAMILLO(マルタ・カミロ)先生
Chris BAILEY(クリス・ベイリィ)先生
Chris BAILEY(クリス・ベイリィ)先生

 なお、セガい共通テストに参加した方のうち、セガ偏差値が60以上の方の中から抽選で60名にプレゼントする「オリジナルAimeカード&GO SEGA オリジナルプレート」のデザインイメージを公開。Aimeカードは受験者名入りのオリジナルデザインで、記念プレートにはめ込むとプレートのデザインにフィットするものとなっている。

GO SEGA オリジナルプレート(オリジナルAimeカードをはめ込んだ状態)
GO SEGA オリジナルプレート(オリジナルAimeカードをはめ込んだ状態)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]