logo

ドコモ、データ無制限の新5Gプランを発表--割引前で月額6650円、MNP手数料も無料化

山川晶之 (編集部)2020年12月18日 13時10分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは12月18日、5G向け新プラン「5Gギガホ プレミア」と4G向けプラン「ギガホ プレミア」を発表した。2021年4月1日から提供を開始する。

 5Gギガホ プレミアは、4G/5G問わずデータ通信を無制限で利用できるのが特徴。一方、ギガホ プレミアは60GBまで通信可能。割引前の価格で前者が月額6650円(以下、すべて税別)、後者が月額6550円。dカードお支払割、みんなドコモ割(3回線以上)、ドコモ光セット割を適用すると、前者が月額4480円、後者は月額4380円となる。

 現在提供している5Gギガホプランは、100GBまでのデータ通信を割引前で月額7650円で提供しており、新プランにより100GBを超えた通信が可能になったのに加え、月額料金も1000円値下げされることになる。4G向けのギガホプランも、30GBを割引前で月額7150円で提供しているが、容量を倍増しつつ600円の値引きになっている。

キャプション

 また、ギガホ プレミアでデータ容量が上限を超えた場合、それ以降は1Mbpsで通信することができる。さらに、両プランともデータ通信が月3GB以下の場合は、月額料金から1500円を割引する。契約は2年更新、契約満了月の当月、翌月、翌々月以外での解約は1000円の解約金が発生する。

キャプション
3GB以下の場合は1500円を割引する

 音声通話は、家族間であれば国内通話は無料。家族以外では、30秒20円が発生する。さらに、月額700円の「かけ放題オプション」を用意。1回当たり5分以内であれば回数制限なく国内通話が無料となる。月額1700円で国内通話が無料になる「かけ放題オプション」も用意する。

 学割も適用でき、「ドコモのロング学割」を適用した場合、5Gギガホ プレミアで最大6カ月間、月額980円で利用可能。ギガホ プレミアは、最大6カ月間、月額900円からとなる。ギガホ プレミアに関しては、7か月目以降、22歳まで月額400円を割引。60GBプランを月額3980円から利用できる。

キャプション

 なお、ドコモがデジタルネイティブ向けに発表した新プラン「ahamo」と異なり、家族割や固定回線との割引、端末割引などの施策と組み合わせることができる。サポートがオンラインのみに特化されているahamoと違い、ドコモショップでフルサポートを受けられるのもギガホのメリットだ。

キャプション
今回の新プランはドコモの料金ラインナップの中で「プレミア」に属する。なお、ahamoは「ニュー」向けのプランとなり、そのほか低廉かつ低料金の「エコノミー」プランをMVNOと協業して提供する予定だ

MNP転出手数料も無料に

 NTTドコモでは、新プランの発表に合わせてMNP時の転出手数料についても2021年4月1日から廃止すると発表した。同社によると、総務省の有識者会議にて、ウェブ受付時無料化の方向性が示されていたものの、ウェブ窓口(My docomo)に加え、ドコモショップやコールセンターでも廃止するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]