新型コロナウイルス関連

Uber、ワクチン接種希望者に1000万回分の乗車サービスを提供へ

Andrew Morse (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年12月18日 09時49分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 配車サービス大手のUberは米国時間12月17日、新型コロナウイルスのワクチン接種を希望する人々に、1000万回分の無料または割引の乗車サービスを提供すると発表した。3月にも、新型コロナウイルスに関連して医療従事者や高齢者など困っている人を対象に、1000万回分の無料乗車サービスを提供すると発表していた。

Uberのロゴ
提供:James Martin/CNET

 同社はモアハウス医科大学に加え、公民権団体である全米都市同盟およびNational Action Networkと提携する。新型コロナウイルスの感染拡大で過度に影響を受けたのは有色人種コミュニティーだからだ。同ウイルスによる米国の死者数は、31万人を超えている。

 Uberは先頃、同社のドライバーをワクチンの優先接種対象に認定するよう、米疾病予防管理センター(CDC)と全米50州の州知事に書簡を送っている。カリフォルニア州を含む複数の州がギグワーカーについて、パンデミック時に「必要不可欠」なサービスを提供するエッセンシャルワーカーと認めている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]