Pinterest、性差別めぐる訴訟で元COOと和解--約23億円を支払いへ

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年12月15日 12時59分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 写真共有サービスを提供するPinterestは、性差別をめぐる訴訟で2250万ドル(約23億4000万円)を支払うことで和解した。同社が12月14日付で米国証券取引委員会(SEC)に提出した文書で明らかになった。この訴訟は、同社の元最高執行責任者(COO)であるFrancoise Brougher氏が8月、「同僚の男性の後部座席に座る」ことを拒んだために、過小評価され、重要な決定から除外されたとして提起していたもの。COOを2年間務めたBrougher氏は、屈辱的で性差別的な扱いに反対したことが理由で、4月に解雇されたとしていた。

Pinterest ロゴ
Pinterestと同社元COOが和解に至った。
提供:Getty Images

 PinterestとBrougher氏は共同声明で「Pinterestは、多様性があり公平でインクルーシブな職場環境を育てていくことの重要性を認識し、これからもその文化を発展させるための行動を続けていく」と述べ、さらに「Francoise(Brougher氏)は、Pinterestが職場環境を改善するためにとった意義ある取り組みを歓迎し、また全ての従業員が包摂されサポートされていると感じられる文化を築こうとPinterestが取り組んでいることに勇気付けられた」とした。

 和解の一環として、2000万ドル(約20億8000万円)がBrougher氏とその弁護団に支払われ、250万ドル(約2億6000万円)が「ハイテク業界における女性、および過小評価されているコミュニティーの発展に使われる」という。

 シリコンバレーの各社では長年、性別による偏見や差別が問題となってきた。6月には、Pinterestの2人の元従業員(ともに黒人女性)が、人種差別を受け、不当な待遇に関する懸念を職場で示したことで、報復を受けたと表明していた。Facebook、Twitter、UberやベンチャーキャピタルのKleiner Perkinsを含む多くの企業でも、性差別の問題が指摘されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]