logo

Pinterest、元COOが性差別で提訴--「過小評価され除外される」

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年08月13日 10時01分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 写真共有サービスを提供するPinterestの元最高執行責任者(COO)、Francoise Brougher氏が、性差別と報復を受けたとして同社を提訴した。Brougher氏は、米国時間8月11日に訴状を提出し、「同僚の男性の後部座席に座る」ことを拒んだために、過小評価され、重要な決定から除外されたと主張している。同社のCOOを2年間務めたBrougher氏は、屈辱的で性差別的な扱いに反対したことが理由で、4月に解雇されたと述べた。

Pinterestの画面
提供:Pinterest

 「Pinterestの女性幹部は、最高レベルにおいても過小評価され、除外され、口止めされている」と、Brougher氏はMediumに公開した声明で述べた。「Pinterestによると、私が解雇されたのは、私の業績ではなく、『協調的』でなかったことが理由だという。私は、蔓延する差別、悪意ある職場環境、Pinterestにはびこる女性蔑視について、はっきりと意見を述べたために解雇されたと考えている」(同氏)

 Pinterestはライススタイルに着目したソーシャルネットワークで、ユーザーの約70%が女性だ。広報担当者によると同社は訴状を確認中で、「すべての従業員が仲間意識を持ち、支えられていると感じる」文化の構築に努めているという。

 6月には、Pinterestの2人の元従業員(ともに黒人女性)が、人種差別を受け、不当な待遇に関する懸念を職場で示したことで、報復を受けたと表明していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]