logo

ソニー、エムスリーと医療・ヘルスケア領域の課題解決へ--「COMPASS Project」開始

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは12月14日、エムスリーと医療・ヘルスケア領域におけるオープンイノベーションの取り組み「COMPASS Project」を開始すると発表した。

 同取り組みは、医療・ヘルスケア領域における課題解決と持続可能な事業の創出を目的としており、「医療イノベーションアイデア公募」「医療・ヘルスケア領域における事業創出プログラム利用者募集」という2つの施策を開始する。

 医療イノベーションアイデア公募では、ソニーネットワークコミュニケーションズのコミュニケーション通信端末と見守りサービス「amue link」を活用し、医療の質の向上や医療現場の負担軽減に寄与するアイデアを医療従事者から公募する。

 医療・ヘルスケア領域における事業創出プログラム利用者募集では、両社が医療・ヘルスケア領域で事業創出を目指す企業の事業化や検証を支援するものとなる。

 なお両社は、4月より全国の医療現場に対する、新型コロナウイルス感染症疑い症例の診断を支援するための胸部CT検査画像の診断支援サービスや、画像診断支援AIの開発と普及の支援など、新たな価値創造を目指すためのさまざまな協業を行ってきた。

 この他にも、新型コロナウイルス感染症治療の最前線にいる医師からの最新の知見をはじめとした、各種対応知識を全国の医師・医療従事者に伝達するためのWeb講演会。面会制限が出ている医療・介護施設向けにスマートフォン「Xperia」を使った遠隔面会システム「面会君」サービスの立ち上げと提供。ARやVRを活用した入院患者向けバーチャル外出支援のトライアル。医療・ヘルスケア領域におけるSSAPを活用した社内アイデア公募の実施と事業性検証の支援などを実施している。

 今回、両社の取り組みの枠を広げ、さらに多様な人材やステークホルダーとの連携、協力を進めるという。

 集まったアイデアや医療・介護施設が持つ専門的見地に、同社のテクノロジーやエンタテインメント分野で培ったノウハウと、エムスリーの医療・ヘルスケア領域における知見や事業開発力を掛け合わせることで、新たな感動体験や安心・安全といった価値を創出し、持続可能な社会の実現に貢献していくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]