CP+2021、リアル会場での開催を断念--オンライン会場単独開催に

西中悠基 (編集部)2020年12月09日 12時24分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カメラ映像機器工業会(CIPA)は12月9日、「CP+2021」について、パシフィコ横浜 展示ホールでの開催を中止し、オンラインイベントとして開催すると発表した。

CP+2021
CP+2021

 CP+2021については、当初はパシフィコ横浜でのリアル会場と、オンライン会場を複合した形態で開催する予定だった。しかしながらCIPAは、「現在の新型コロナウイルス感染者数の急速な再拡大という事態」により、リアル会場での開催を断念し、オンラインイベント単独開催へと方針を変更した。

 オンラインイベントの開催日程は、2021年2月25日から28日まで。3月31日までアーカイブ公開を実施するとしている。

 CP+は、カメラと写真映像のワールドプレミアショー。例年はパシフィコ横浜で開催されているが、前回のCP+2020は、新型コロナウイルス感染拡大による影響で中止。CP+2021は、およそ2年ぶりの開催となる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]