logo

「LINE」アプリがデザインを大幅刷新--10年間で最大規模のリニューアル

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは12月8日、「LINE」アプリ全体のUIデザインをリニューアルしたと発表した。この新バージョン(10.21.0以上)は、Android端末向けに順次リリースしており、近日中にiOS向けのリリースも開始する予定。

キャプション

 同社は2011年6月にLINEの提供を開始し、サービス開始から10年目を迎える。今回のデザインリニューアルはアプリ全体におよび、10年間では最も大規模なリニューアルになるという。

 デザインリニューアルのテーマは「Simple, Wide and Bright」。アプリ全体を通して一貫した心地良い体験を提供できるように、シンプルさを追求したという。加えて、アプリ全体の配色、アイコン、フォントやレイアウトなど、すべてのデザイン要素を見直しており、画面上部のヘッダーはネイビーを廃止し、シンボリックカラーであるグリーンの明度を上げている。

 たとえば、ホームタブでは自分のプロフィール情報が上部に表示され、各サービスやおすすめコンテンツへアクセスがしやすくなっている。また、iOS版では設定アイコンが画面左上から右上へと変更になる。

ホームタブ
ホームタブ

 トークタブでは、各トークの表示サイズを改善。友だち名・グループ名・公式アカウント名も太字で表示されるようになった。iOS版では、トークの並び順を変更する「トーク」のメニューが上部中央から左上に変更になったほか、トークリストの削除・非表示を行う「編集」が、画面左上から右上に変更された。

トークタブ
トークタブ
トーク画面
トーク画面も刷新された

 ニュースタブでは、画像のデザインを変更ししたことで、よりシンプルで統一された世界観で情報取得が可能となった。なお、iOS版はニュースの各メニューを開くアイコン「≡」が画面左上から右上に変更されている。

ニュースタブ
ニュースタブ

 このほか、トーク画面やウォレットタブ、タイムラインタブでは、各要素のフォントデザインやサイズ調整、画面上部のネイビーを廃止したことで、よりひとつひとつのコンテンツが際立つようになったという。

ウォレットタブ
ウォレットタブ
タイムラインタブ
タイムラインタブ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]